無料ではじめるテレワーク Chromeリモートデスクトップの設定

無料ではじめるテレワーク Chromeリモートデスクトップの設定

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、人との接触を避けるために企業の働き方も変化させないといけなくなりました。 テレワークをベースとした働き方がもとめられています。 テレワークを始めるにも専門的な知識や機器を用意したりセキュリティの管理をしなければいけないことはありますが、準備に時間やコストがかかるという理由で導入を遅れていたらあとで公開することにもなりかねません。今は非常時です。完全な準備をすすめるよりできることをできる人から始めていくことが大切なのではないかとおもいます。 このページでは無料で簡単に会社のパソコンに自宅などからアクセスできるChrome リモートデスクトップの設定を紹介します。

Chrome リモートデスクトップとは

Chrome リモートデスクトップGoogle社が提供するWebブラウザ「Google Chrome」の拡張機能で、 Chrome リモートデスクトップを使うと インターネット接続されたChromeを介し自宅や外出先のパソコンやスマートフォンやタブレットから職場のパソコンにアクセスし遠隔で操作できるようになります。 ブラウザのChromeがインストールされている機器であればMac、Windows、iOS,Androidで使うことができて 無料で簡単に始めることができます。

Chromeのリモートデスクトップ設定方法

リモート側(自宅)のPCを使ってホスト側(会社)のPCへ接続するための設定方法を紹介します。

必要となるもの

ホスト側(会社)のPCの設定

Chromeで「remotedesktop.google.com/access」を開きます。
[リモート アクセスの設定] 画面でダウンロードボタンをクリック。



「Chromeに追加」をクリックし「Chrome リモート デスクトップ」をダウンロードしてインストール。



会社のパソコンの名前を入力し「次へ」をクリックします。
名前はなんでもかまいません。わかり易い名前のしておいたほうがいいです。



最後にPINコードを設定します。
リモート側からアクセスする際にひつようとなるので、PINコードは忘れないようにしてください。



ホスト側の設定は完了です。

リモート側(自宅のPC:操作する側)にChromeリモートデスクトップを設定

今度は自宅のパソコン(遠隔操作する側)を操作します。職場のパソコンと同じGoogleアカウントでChromeにログインし、Chromeリモートデスクトップもインストールしておいてください。 Chromeリモートデスクトップを起動すれば、すぐにリモートアクセスができる状態になります。



Chromeリモートデスクトップのアイコンをクリックして起動し、設定した職場のパソコンの名前をクリックします。



設定したPINを入力しログインします。

まとめ

職場のノートパソコンを自宅に持ち出して社内のファイルサーバーにアクセスさせるためにVPNを設定して 利用者に教育してということをしていると、時間やコストもかかるでしょう。 職場のパソコンにあるファイルを適宜参照しながら、作業は自宅のパソコンで行うのなら、Chromeリモートデスクトップを使えば簡単に無料で行えます。

テレワーク用 レンタルWIFI

無制限のWIFIで日本中どこでもつながる
2年、3年縛りなし
短期契約(5日から)
期間の延長も自由自在
面倒な初期設定無し


データ容量無制限*
通信回線Hybrid 4G LTE
契約期間5日からOK
期間延長可能
解約金なし
レンタル詳細

テレワークへの助成金支給について

厚生労働省では、時間外労働の制限その他の労働時間等の設定の改善、及び仕事と生活の調和の推進のため、在宅又はサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成する『時間外労働等改善助成金(テレワークコース)』を設置しています。支給対象となる取組みと評価期間や目標達成などの規定をクリアした企業に対し、実施に要した経費の一部を目標達成状況に応じて支給しています。
働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)